ホーム自動車登録軽自動車

軽自動車

名義を変更したい。

軽自動車の「検査証記入申請」となります。

 

他の都道府県のナンバープレートがついている車を売買等で名義を変更する場合

通常「転入」と呼ばれる手続きになります。

 

  • 作成する書類

OCR1軽第1号様式(軽専用1号様式) 新使用者、新旧所有者の押印が必要

軽自動車税(環境性能割・種別割)申告書

 

  • 準備しておく書類

使用者の住所を証する書面 住民票、印鑑証明書、法人登記事項証明書 

             発行から3か月以内

申請依頼書 上記OCR様式に新使用者、新旧所有者が押印できないときに必要

自動車検査証

ナンバープレート

自動車賠償責任保険証明書 求められた際に提示できるようにしておきましょう。

 

#自動車税の廃止(税止め)手続き

他県からの転入手続きの場合には、

⒜申請される方自身で、名義変更前の市町村担当窓口に連絡し廃止の手続きをするか。

⒝申請当日「軽自動車変更(転出)申告書」(税止め用の用紙)を購入。一定の手数料を支払い手続代行してもらう必要があります。

どちらもおこなわないと、次年度、旧納税義務者へもそのまま課税されてしまいます。

ご注意ください。

 

#申請内容により、必要書類が追加変更となる場合がございます。

  管轄の軽自動車検査協会等でご確認ください。

  当事務所でお手続きいただく場合は申請内容をお聞きし、必要書類等をご案内させていただきます。

 

一時使用を中止したい。

軽自動車の「自動車検査証の返納届」(一時使用中止)の手続きとなります。

 

  • 作成する書類

OCR軽第4号様式 届出人(使用者)の押印

軽自動車税(環境性能割・種別割)申告書

 

  • 準備する書類等

自動車検査証

ナンバープレート

申請依頼書 上記OCR様式に押印できないときに必要。

 

#所有者と使用者が異なる場合(信販会社等の所有者名義の場合)

所有者の押印書類(申請依頼書)等が必要となります。

事前に所有者に連絡、完済確認などの手続きをすませ所有者必要書類を準備しておきましょう。

また通常は、所有者から使用者に一度、名義変更(記入申請)した上で、返納届の手続きをすることになります。

 

#申請内容により、必要書類が追加変更となる場合がございます。

  管轄の軽自動車検査協会等でご確認ください。

  当事務所でお手続きいただく場合は申請内容をお聞きし、必要書類等をご案内させていただきます。

返納(一時抹消)してある中古車を登録したい。

軽自動車の「新規検査」(中古新規)とうい手続きになります。

 

  • 作成する書類

OCR軽第1様式 使用者、所有者の押印が必要

(構造変更、諸元変更等が必要な車、軽第2号様式も必要な場合あり)

申請審査書

自動車重量税納付書

軽自動車税(環境性能割・種別割)申告書

 

  • 自動車検査証返納証明書  返納時に交付されたもの

軽自動車検査証返納確認書 返納時に交付され、譲渡人が押印してあるもの

使用者の住所を証する書面 住民票、印鑑証明書、法人登記事項証明書、発行から3か月以内のもの

申請依頼書 届出人(使用者、所有者)が申請書に押印できないときに必要

定期点検整備記録簿

自動車損害賠償責任保険証明書 

 

持ち込み検査を受ける場合

  軽自動車検査票

 

指定整備をおこなった車の場合

  保安基準適合書

 

持ち込み検査を受けて登録する場合、検査にて保安基準に適合していることが確認

される必要があります。必要な整備を受けて手続きをしてください。

 

#申請内容により、必要書類が追加変更となる場合がございます。

  管轄の軽自動車検査協会等でご確認ください。

  当事務所でお手続きいただく場合は申請内容をお聞きし、必要書類等をご案内させていただきます。

 

 

ページの先頭へ